忍者ブログ
東京都荒川区の歴史
[77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 荒川区荒川1-39

  加藤屋敷跡
 この付近には、伊予国(愛媛県)新谷藩主であった加藤氏の下屋敷があった。元禄11年(1698)、2代泰觚のとき、三河島村に下屋敷2153坪(約7100平方メートル)を拝領したものである。大関氏抱屋敷の北西、現在の荒川1丁目36~38番あたりと推定される。
 維新後、明治政府によって屋敷は上地となり加藤氏はこの地を去ったが、三河島町大字三ノ輪字加藤という地名が昭和7年(1932)の荒川区制施行まで残っていた。
 荒川区教育委員会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性