忍者ブログ
東京都荒川区の歴史
[78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 荒川区荒川2-8

  仙光院と峡田小学校跡
 仙光院は真言宗の寺院で、山号は阿照山阿弥陀密寺。慶長8年(1603)創建で、阿弥陀を本尊としたが、2度の火災の後、元禄2年(1689)、鶴ヶ岡八幡の荘厳院から不動明王を移し本尊としたという。
 九世は耳無不動(現、三峰神社内)を建立した東叡山、の僧光慧。明治になり、廃寺となったが、明治2年(1869)本堂を修復し、尾口八郎が寺子屋とした。明治10年(1877)名川蠖屈がそれを継ぎ、明治16年(1883)峡田小学校がここに開校。明治34年(1901)、荒川3-77-1(旧第一峡田小学校)の地に移された。跡地は三河島村役場となり、昭和7年(1932)から荒川区庁舎として使用された。
 荒川区教育委員会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性