忍者ブログ
東京都荒川区の歴史
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 荒川区荒川1-39

  加藤屋敷跡
 この付近には、伊予国(愛媛県)新谷藩主であった加藤氏の下屋敷があった。元禄11年(1698)、2代泰觚のとき、三河島村に下屋敷2153坪(約7100平方メートル)を拝領したものである。大関氏抱屋敷の北西、現在の荒川1丁目36~38番あたりと推定される。
 維新後、明治政府によって屋敷は上地となり加藤氏はこの地を去ったが、三河島町大字三ノ輪字加藤という地名が昭和7年(1932)の荒川区制施行まで残っていた。
 荒川区教育委員会
PR


所在地 荒川区荒川2-8

  仙光院と峡田小学校跡
 仙光院は真言宗の寺院で、山号は阿照山阿弥陀密寺。慶長8年(1603)創建で、阿弥陀を本尊としたが、2度の火災の後、元禄2年(1689)、鶴ヶ岡八幡の荘厳院から不動明王を移し本尊としたという。
 九世は耳無不動(現、三峰神社内)を建立した東叡山、の僧光慧。明治になり、廃寺となったが、明治2年(1869)本堂を修復し、尾口八郎が寺子屋とした。明治10年(1877)名川蠖屈がそれを継ぎ、明治16年(1883)峡田小学校がここに開校。明治34年(1901)、荒川3-77-1(旧第一峡田小学校)の地に移された。跡地は三河島村役場となり、昭和7年(1932)から荒川区庁舎として使用された。
 荒川区教育委員会


所在地 荒川区荒川3-1

  地蔵堀の石地蔵
 この石地蔵は、地蔵堀と呼ばれた用水堀の傍ら(現、サンパール荒川)に南向きに立っていた。大正14年(1925)、現在位置へ移され北向きになった。地蔵堀は今は道路になっている。
 石の台には元文5年(1740)に浄正寺十三世、寛世が願主となり、三河島村の村人の尽力で再建されたことが刻まれている。当時、ここは三河島村の集落のはずれで、付近のよい目じるしになっていたばかりでなく、村人が旅立つ際に道中の安全を祈願したといわれる。今も交通安全祈願の地蔵として祀られている。
 荒川区教育委員会

 


所在地 荒川区荒川3-22 (三峰神社)

  袈裟塚耳無不動
 光三郎(仙光院九世住職光慧)とお絹の情愛物語は、袈裟塚の耳無不動伝説として今も伝承されている。
 伝承によれば、悪い病いで耳が落ち腰も抜けた光慧は、仙光院門前に袈裟塚をつくり不動明王を安置して、村内の五穀豊穣と往来安全を祈願したという。宝暦10年(1760)建立のこの不動尊台座には、「東叡山領」や道しるべの文字が刻まれている。また、この不動を題材に、江戸の戯作者山東京伝の『三河島御不動記』という黄表紙が寛政元年(1789)に板行された。
 明治29年(1896)、明治通り北側から三峰神社内に移された。
 荒川区教育委員会


所在地 荒川区荒川3-22

  三峰神社







 境内には『袈裟塚耳無不動』があります。


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性