忍者ブログ
東京都荒川区の歴史
[87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 荒川区南千住6-45

  井上省三君碑
 この碑は、官営国場千住製絨所初代所長・井上省三の功績を後世に伝えるものである。
 井上省三は、長州(現山口県)出身で、木戸孝允に従って上京、後にドイツに留学し毛織物の技術を修得した。明治12年(1879)の千住製絨所の開業、日本羊毛工業の発展に尽力したが、明治19年(1886)に42歳の若さで死去。明治21年(1888)に制絨所の職員・職工の有志が、井上省三の偉業をしのびこの碑を建立した。
 上部の題字と撰文は、井上省三と同郷で、交遊のあった、後の外務大臣青木周蔵と東京農林学校(後の東大農学部)教授松野礀による。
 荒川区居行く委員会


  井上侯壽像碑
是為井上侯壽像侯今年​七十六氣力旺盛鬚髪尚​黒無毫老憊態吾儕當辱​侯知遇致有今日因胥謀​請建像壽之侯不聴衆請​弗已始見許乃相侯之興​津別墅為置像之所命工​閲二百餘日而成歳之十​一月廿八日値侯之誕辰​招衆賓落之以余与侯四​十餘年親交衆属余記之​侯経濟功績赫著史乗喧​傳世上而吐握下士之勞​實致此王臣為国家蹇蹇​宜如此也夫興津之地衿​富岳帯大洋遠控三保近​接清見洲渚點綴烟波渺​茫稱為東海絶勝侯夙置​別墅于此設園池築亭榭​鑿山引泉水懸髙厓而下​珠噴雪望之如匹練聴之​如琴築侯時来遊嘯詠自​適以娯老豈古詩所謂英​雄四首即神仙者欤且侯​昔日翻攘夷倡通好遭反黨要撃被重創而​不死如有神助近歳罹病​於此別墅九死得一生非​天眷而何天眷神助是不​獨侯之幸亦邦家之慶也​然則吾儕建像之挙不啻​報知遇亦表邦家之慶也​乃誌建像之顛■
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性