忍者ブログ
東京都荒川区の歴史
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 荒川区西日暮里3-2-14

   木造毘沙門天像(啓運寺)

 啓運寺は、法華宗(本門流)の寺院で、法要山と号す。上野にあったが、明治18年(1885)に現在地に移転。毘沙門天は、多聞天ともいい、四方を守護する四天王の一つであるが、独立して福徳富貴の神としても信仰されている。



 当寺の毘沙門天は、台座の裏に「寛政9年(1797)8月吉辰、仏師伊東光雲」の墨書銘がある。そのほか、境内には、延宝8年(1680)銘の庚申塔がある。この塔には、「三守庚申三尸伏、妙法、七守庚申三尸滅」の銘文のほか36名の施主名が刻まれており、区内唯一の日蓮宗系の庚申塔である。

 荒川区教育委員会

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性