忍者ブログ
東京都荒川区の歴史
[13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在地 荒川区東日暮里3-10ー17(第三日暮里小学校前)

   
 夕焼け小焼けの塔
    (夕やけこやけの塔・ゆうやけこやけの塔)

作詞者  中村雨紅(中村雨虹)先生の略歴


 ・明治30年(1897) 
2月6日、高井宮吉(本名)、東京府南多摩郡恩方村上恩方の宮尾神社境内社務所にて、生まれる。
 ・大正5年(1916)

東京府立青山師範学校卒業。
日暮里町第二日暮里小学校へ奉職。
 ・大正6年(1917)
南多摩郡境村相原のおば中村家の養子となる。(大正12年〔1923〕養子縁組解消)
 ・大正7年(1918)
日暮里町第三日暮里尋常小学校着任(大正13年〔1924〕3月まで)。
第三日暮里小学校の児童の情操教育のために、同僚の訓導矢沢先生らとともに回覧文集を始め、童話の執筆を始めた。
 ・大正8年(1919)
童話童謡雑誌『金の船』(のちに『金の星』と改題)に童話数編が選に入り掲載された。しかし、教案を書く邪魔になると校長に叱られ以後、道を歩きながらでも考えられる童謡製作に専念するようになった。
野口雨情と出会う。その後、中村雨紅の筆名をもって、童謡を発表した。この筆名は、野口先生のようにえらくなりたいので「雨」の一字をもらい、「染まる」という意味の「紅」をつけて雨紅としたのである。
名曲「夕焼け小焼け」の詞もこの頃の作である。
 ・大正12年(1923)
漢学者、本城問停の次女 千代子と結婚、根岸の「お行の松」の裏手に住む。
文化楽社刊「文化楽譜-新しい童謡-」に「ほうほう蛍」「夕焼け小焼け」が掲載された。この名曲は、武蔵野音楽大学校長の福井直秋先生の依頼を受けて渡した詩に、作曲者草川信先生によって曲がつけられて誕生しました。
ほどなく関東大震災のため、多くの楽譜が失われた。焼け残った13部の楽譜を元に「夕焼け小焼け」は歌い拡がっていった。
 ・大正13年(1924)
板橋尋常高等小学校へ転任。
 ・大正15年(1926)
滝野川高等小学校着任。
 ・昭和元年(1926)
神奈川県立厚木実科高等女学校(後の厚木東高等学校)着任。
 ・昭和24年(1949)
神奈川県立厚木東高等学校依願退職、教職を終える。
 ・昭和31年(1956)
雨紅の還暦を祝って、厚木東高校創立50周年記念の体育祭において「夕焼け小焼け」の善行合唱が行われた。
以後、雨紅ゆかりの各地にて「夕焼け小焼け」の歌碑が建てられている。
 ・昭和47年(1972)
雨紅病気入院の報に、全国から見舞い・激励の手紙が寄せられたが、回盲部腫瘍のため逝去した。(享年75才)

若き中村雨紅先生が本格的に童話・童謡創作活動を開始し、「夕焼け小焼け」等を作詞したのは第三日暮里小学校に勤務されていたころです。
 この縁を喜びとして、昭和59年(1984)、第三日暮里小学校の地域の方々によって「夕焼け小焼けの塔」が建てられました。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性