忍者ブログ
東京都荒川区の歴史
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

所在地 東京都荒川区南千住2-1-12

浄土宗
 栄法山 清光院 浄閑寺(投込寺)

 浄閑寺じょうかんじは浄土宗の寺院で、栄法山清光院と号する。安政2年(1855年)の大地震の際、たくさんの新吉原の遊女が、投げ込み同然に葬られたことから『投込寺なげこみでら』と呼ばれるようになった。花又花酔の川柳に、
『 生まれては苦界、死しては浄閑寺 』と詠まれ、新吉原総霊塔が建立された。
 檀徒の他に、遊女やその子供の名前を記した、寛保3年(1743年)から大正15年(1926年)にいたる、十冊の過去帳が現存する。
 遊女の暗く悲しい生涯に思いをはせて、作家永井荷風はしばしば当寺を訪れている。『今の世のわかき人々~』にはじまる荷風の詩碑は、このような縁でここに建てられたものである。
  
荒川区教育委員会

 浄閑寺境内には『永井荷風文学碑』、『新吉原総霊塔』、『萩原秋厳墓』、『新比翼塚』、『豕塚』、『本庄兄弟首洗井戸』、『本庄兄弟首塚(助七・助八)』、『三遊亭歌笑塚』、『ひまわり地蔵尊』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』、『』があります。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性